安心の公正証書遺言の作成方法と手続きについて

公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、公証人が遺言者から遺言の趣旨を聞いて作成する遺言を言います。

公証人といっても、どこにいて、どういう人で、どれぐらいお金がかかるのかわからない方のほうが多いと思います。

しかし、実は公正証書遺言とは簡単な手続きですので、がんばって自筆証書遺言を作るより楽な方法であるといえます。

専門家が介在する方法による公正証書遺言がもっとも確実で、最も楽して遺言を作ることが出来ます。

公証人とはどういう人か

公証人は、裁判官、検察官、弁護士その他長年法務に携わった人で、法務大臣によって任命される公務員です。

公証人は、公証役場にいます。公証役場には管轄がありますので、地域によって異なります。行田市においては熊谷公証役場です。

公証人はあくまで公務員ですので、遺言者が伝えた意思をそのまま証明することになりますので、公正証書遺言があるがために残された相続人の間で問題が発生することもしばしばあります。

公正証書遺言作成までの流れ

遺言者の意思の確認

遺言者の方に、誰にどの財産を相続させるか、家族に残したいメッセージなど遺言者の意思を詳しくお伺いします。また、遺言能力を有しているかもお話しながら確認していきます。

遺言作成に必要な調査

遺言作成には、遺言者と相続人の関係性を証明するために戸籍や住民票などを取得します。また財産についても不動産の評価証明書など必要な資料を収集して原案作成に必要な調査を行います。

遺言原案作成

遺言者の意思を遺言に落とし込んだ原案を作成いたします。そこで内容などを確認していただきます。残されたご家族の事も考えた提案もさせていただきます。

証人の依頼

公正証書遺言には2人の証人の立会いが必要となります。この証人には、以下の方はなることが出来ませんので注意が必要です。

  • 未成年者※ただし婚姻した未成年者は証人になることができます。
  • 遺言者の推定相続人及び受遺者これらの配偶者及び直系血族
  • 上記のものの配偶者及び直系血族
  • 公証人の配偶者、4親等内の親族及び使用人

証人も当事務所におまかせください。証人は当然遺言内容を知ることになります。知人や友人にお願いするとそこから秘密が漏れるかもしれません。ただ、私のような法律家は法律により守秘義務を課せられていますので秘密が漏れる心配がありません。

公証人と事前打ち合わせ

公証人との事前打ち合わせも当事務所で行います。遺言内容だけでなく財産や相続人に関する調査に関する打ち合わせや遺言作成日の日程調整など行っていきます。

遺言作成

原則は、遺言者の方と証人2名で公証役場へ出向きます。事前に調整してありますので、遺言内容を確認してそこで署名すれば遺言は作成されます。

体調が優れない方は、自宅や病室に公証人に出向いてもらい、遺言を作成することも出来ます。費用も少し多くかかりますが、体調に不安がある方は、ご自宅などのほうが落ち着いてお話ができると思います。

まずは無料相談をご利用ください。

遺言や相続といった手続きはトラブルの種となる可能性がありますので慎重に行う必要があります。

また相続問題は法律に書かれてあることだけでは解決しないことも多いのが実情です。
インターネットだけではわかりにくいこともたくさんありますのでまずは専門家にご相談ください。

当事務所では初回相談無料を実施しております。安心してご相談ください。

無料相談対応時間 平日9:30~19:00
TEL 048-580-7131(事前にご予約下さい)

このページの先頭へ