当事務所では公正証書遺言をおすすめしています。

公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言をおすすめするには理由があります。まずは公正証書遺言のメリット・デメリットをあげてみます。

公正証書遺言のメリット

  1. 公証人が作ることになるので、基本的には正確に作成します。※100%正確とはいえません。
  2. 遺言原本が公証役場で保管されるので、偽造や変造の恐れがありません。
  3. 遺言原本が公証役場に保管されているので、紛失しても謄本を発行してもらえます。
  4. 自筆証書遺言のような家庭裁判所による検認は不要です。
  5. 遺言登録システムにより、いつどこで公正証書遺言を作成したのか確認することが出来ます。
  6. 遺言者が病気などにより署名が出来ない場合でも公証人が理由を付記して署名に代えて作成することが出来ます。
  7. 耳が聞こえない方や口が利けない方なども手話や筆談などで作成することが可能です。

公正証書遺言のデメリット

  1. 公証人に支払う手数料など費用がかかります。
  2. 原則は公証役場へ出向く必要があります。
  3. 証人2人を用意する必要があります。
  4. 公証人との事前調整などが必要なので、作成まで少し時間がかかります。

公正証書遺言のススメ

公正証書遺言はその手間や費用の面でのデメリットがあります。費用面だけを考えて自筆証書遺言の作成を考えている方も多くいらっしゃいます。

しかし、遺言は遺言者のためではなく、残された家族のために残すものだと私は考えます。

葬儀などで一番忙しい中、遺言が見つかり家庭裁判所へ出向いて検認手続きをしなければならないとなるとご家族へはかなりの負担となるでしょう。

また、自筆証書遺言のデメリットでもある無効な遺言や本人が書いたのか疑わしいような自筆遺言だと、大きなトラブルを生み出し、残されたご家族がバラバラになってしまった例もあるのです。

専門家の関与していない遺言ほど、遺言があるが故にかえってトラブルとなるケースも多いのです。

その点、公正証書遺言は、公証役場で原本を保管しているので、偽造・変造の余地はありません。また検認の必要もありませんので、スムーズな相続手続きを可能にします。

当事務所では公正証書遺言のデメリットをカバーできる体制を整えております。遺言の保管や公証人との調整、原案作成に、証人準備までトータルでサポートいたします。

せっかくご家族や関係者のために作成した遺言なのですから、公正証書遺言を作成して遺言者だけでなくご家族が安心してこれからも暮らしていけることを心から願っております。

上記の理由から、当事務所では公正証書遺言の作成をおすすめしております。

まずは無料相談をご利用ください。

遺言や相続といった手続きはトラブルの種となる可能性がありますので慎重に行う必要があります。

また相続問題は法律に書かれてあることだけでは解決しないことも多いのが実情です。
インターネットだけではわかりにくいこともたくさんありますのでまずは専門家にご相談ください。

当事務所では初回相談無料を実施しております。安心してご相談ください。

無料相談対応時間 平日9:30~19:00
TEL 048-580-7131(事前にご予約下さい)

このページの先頭へ