遺言とは?

遺言の読み方

遺言という言葉は、日常生活用としては「ゆいごん」、法律用語としては「いごん」と読まれます。私は一般の方に理解していただきやすいので「ゆいごん」と読んでいます。

遺言と遺書の違い

遺言とは、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財産を、残された家族に残すためにする遺言者の意思表示です。

遺言者の意思を表示する方法として、遺言以外に、「遺書」「遺訓」「家訓」 「日記」「メモ」などいろいろあります。最近では「エンディングノート」も流行っていますね。

本人の意思ならどんな内容や方法でも、残された家族の精神的支えにはなりますが、法律上有効かといえばそうではありません。

遺言の方法(遺言方式)については、民法960条に

「遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない」

と規定されています。そのため民法によらない遺言は、法律的には何の効力もないのです。

遺言の目的

世の中では、遺言がないために、相続を巡り親族間で争いの起こることが少なくありません。しかし、今まで仲の良かった者が、相続を巡って骨肉の争いを起こすことほど、悲しいことはありません。

遺言者自らが、自分の残した財産の帰属を決め、相続を巡る争いを防止しようとすることに遺言の大きな目的があります。

遺言とは

私はこれまでの遺言業務の経験から遺言をこのように考えています。

遺言とは、『相続の不安』を『今後の安心』に変える一種の保険のようなもの。

遺言をつくることで、残された家族を相続争いから守ることが出来るのです。 これは財産を多く残される方に限った話ではありません。経験上、財産がそれほど多くない方に限って相続問題が発生するケースが多いと感じます。

誰にでも起こりうること問題から、もしものときを守る、少しの出費で自分の財産や家族を守ることが出来る。それが遺言は保険の一種だと思う理由です。

当事務所では遺言作成サポートをはじめ、遺言書作成相談や各種相続手続代行も承っております。 ぜひあなた様の『相続の不安』を『相続の安心』に変えるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談をご利用ください。

遺言や相続といった手続きはトラブルの種となる可能性がありますので慎重に行う必要があります。

また相続問題は法律に書かれてあることだけでは解決しないことも多いのが実情です。
インターネットだけではわかりにくいこともたくさんありますのでまずは専門家にご相談ください。

当事務所では初回相談無料を実施しております。安心してご相談ください。

無料相談対応時間 平日9:30~19:00
TEL 048-580-7131(事前にご予約下さい)

このページの先頭へ